横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

大型シェアオフィス「BIZcomfort 新横浜」新横浜駅北口に3⽉15⽇オープン【横浜市港北区】

出典:BIZcomfort

2021年3⽉15⽇(⽉)、レンタルオフィスとコワーキングスペース事業を⾏う株式会社WOOCは、新横浜駅北口に、コワーキングスペースとレンタルオフィス併設型のシェアオフィス『BIZcomfort(ビズコンフォート)新横浜』をオープンします。
以下、このシェアオフィスの詳細な情報をまとめました。

「BIZcomfort新横浜」について

特徴

コンセプトは「スポーティオフィス」

⾃分⾃⾝との競い、チームでの競い、鍛錬や挑戦の場でもある仕事場。「仕事は競いの場である」をテーマに、スポーティなオフィスです。
本業だけではなく、資格の勉強、副業など、⾃⾝との「競い」にも集中できる空間です。

24時間365⽇オープン

BIZcomfort新横浜の最⼤の特徴は、24時間365⽇利⽤できること。仕事や⾃習、副業や朝活など、ライフスタイルに合わせて利⽤できるので、ワークライフバランス向上にもつながります。

気軽に使えるコワーキングスペース

コワーキングスペースは、しっかり集中できるワークブース、⾷事のできるカフェブース、通話・WEB会議専⽤の個室のテレフォンブースなど、⽤途に合わせてブースを使えます。
個室プラン(レンタルオフィス)会員は休憩としても使え、1⽇中オフィスにいても気分転換をしながら快適に過ごせます。

充実の設備とサービス

Wi-Fi、フリードリンク、複合機、予約制の会議室など、ビジネスに必要な設備を揃えています。法⼈登記もでき、低コストでのスタートアップが可能です。
8名⽤会議室には、ウェブ会議システム搭載の電⼦⿊板「MAX HUB」を導⼊。
受付時間内はコンシェルジュが来客時の対応やお茶出しサービスを⾏います。宅配便や簡易書留の受け取り・転送のオプションサービスもあり、利⽤者のビジネスをサポートします。

完全個室のレンタルオフィスは保証⾦・敷⾦⼀切不要

通常のオフィスを借りると保証⾦や敷⾦がかかりますが、BIZcomfort新横浜の個室プラン(レンタルオフィス)では⼀切不要(別途契約⾦が必要)。
テレワークや個⼈事業主、スタートアップにおすすめの1名⽤、事務所やサテライトオフィスにも使える2名⽤を⽤意しています。
デスク、チェアやネット環境も完備しているため、パソコンひとつですぐに使えるのも魅⼒。また、個室プラン会員はBIZcomfort全拠点のコワーキングスペースや会議室も使えます。

神奈川県全てのコワーキングが使えるプランもあり

BIZcomfort新横浜を含む、神奈川県内すべてのコワーキングスペースが使える「横浜湘南プラン」が新登場。
神奈川エリアで移動が多い⽅や、⾊々な拠点を楽しみたい⽅におすすめです。

感染症対策の実施

BIZcomfort新横浜では利⽤者が快適に過ごせるよう、以下の感染症対策を⾏っています。
(1)コワーキングスペース・共有部利⽤時の⼿指消毒・マスク着⽤
(2)すべての座席に仕切り壁を設置
(3)空間除菌装置の設置

 

店舗概要

  • 開店日:2021年3⽉15⽇(⽉)
  • 住所:神奈川県横浜市港北区新横浜3丁⽬7-7 新横浜アリーナ通りビル3F
  • アクセス:JR新横浜駅・北口〜徒歩3分
    横浜市営地下鉄・新横浜駅〜徒歩1分
  • 利⽤料⾦(税別):
    【コワーキングスペース ⽉額利⽤料】 44席
    ・全⽇プラン:12,000円
    ・⼟⽇祝プラン:4,000円
    ・横浜湘南プラン:16,000円
    【レンタルオフィス ⽉額利⽤料】 完全個室 27⼾
    ・個室プラン:34,000円〜 ※別途共益費
  • 設備:Wi-Fi/フリードリンク/複合機/コンシェルジュ/会議室2部屋/登記可/ポスト・住所利⽤可


 

「BIZcomfort新横浜」公式ホームページ

 

港北区の最新情報

 

-開店・閉店
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.