横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

「たったひとつの恋」第2話に使われた横浜市内のロケ地はどこ?【日テレ土曜ドラマ】

出典:日本テレビ

2006年10月14日から12月16日まで放送された、日本テレビ系土曜ドラマ『たったひとつの恋』は、KAT-TUN・亀梨和也 初主演、共演・綾瀬はるか、脚本・北川悦吏子のラブストーリー。
主人公の神崎弘人(亀梨和也)が働く造船工場「神崎造船鉄工所」は、神奈川県横浜市神奈川区星野町の造船所が舞台です。
その他にもドラマ内では、横浜市内のロケ地がたくさん登場します。
そこで第2話のドラマで使われたロケ地を調べてみました。

「たったひとつの恋」第2話のロケ地

菜緒と裕子が通っている横浜女学館大学

駿河台大学(埼玉県飯能市阿須698)

菜緒と裕子が電車に乗った駅

みなとみらい線 元町・中華街駅(神奈川県横浜市中区元町1-11)

菜緒と裕子が歩いていた商店街

伊勢佐木町通り(神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-92)

甲が亜裕太と電話していた場所

横浜市中央卸売市場南部市場(神奈川県横浜市金沢区鳥浜町1-1)

亜裕太が菜緒と裕子に謝っていた場所

横浜港大桟橋国際客船ターミナル(神奈川県横浜市中区海岸通1-1)

甲がスピード違反で切符を切られた場所

横浜市交通局 自動車本部本牧営業所前(神奈川県横浜市中区本牧元町45-1)

弘人が歩いていた交差点

神奈川警察署 ポートサイド交番前(神奈川県横浜市神奈川区大野町1)

菜緒が住むマンション「MMシティータワーズ」

ザ・ヨコハマタワーズ(神奈川県横浜市神奈川区栄町10-35)

菜緒の祖母の家

外交官の家(神奈川県横浜市中区山手町16)

菜緒と裕子、亜裕太が歩いていた商店街

野毛仲通り(神奈川県横浜市中区野毛町2-76)

亜裕太たちが弘人を待っていた場所

グランモール公園円形広場(神奈川県横浜市西区みなとみらい3)

菜緒が弘人にお金を返した神社

布多天神社(東京都調布市調布ヶ丘1-8-1)

菜緒が「オレンジのイガイガが欲しい」と言った場所

伊勢佐木町通り(神奈川県横浜市中区伊勢崎町3丁目)

菜緒と弘人が獅子舞を見た場所

横濱媽祖廟(神奈川県横浜市中区山下町136)

 

ドラマ「たったひとつの恋」の放送日程

放送話 放送日時
第1話 2006年10月14日(土)21:00-22:14
第2話 2006年10月21日(土)21:00-21:54
第3話 2006年10月28日(土)21:00-21:54
第4話 2006年11月4日(土)21:00-21:54
第5話 2006年11月11日(土)21:00-21:54
第6話 2006年11月18日(土)21:00-21:54
第7話 2006年11月25日(土)21:00-21:54
第8話 2006年12月2日(土)21:00-21:54
第9話 2006年12月9日(土)21:00-21:54
最終話 2006年12月16日(土)21:00-21:54

 

ドラマの公式サイトはこちら

 

「たったひとつの恋」第3話に使われた横浜市内のロケ地はどこ?【日テレ土曜ドラマ】

2006年10月14日から12月16日まで放送された、日本テレビ系土曜ドラマ『たったひとつの恋』は、KAT-TUN・亀梨和也 初主演、共演・綾瀬はるか、脚本・北川悦吏子のラブストーリー。 主人公の神崎 ...

続きを見る

横浜市のロケ地情報

 

-ロケ地情報
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.