横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

子どものための展覧会「みんなあつまれ どうぶつパーク」あざみ野で7/30〜開催【横浜市青葉区】

2021年7月30日(金)から8月8日(日)の期間、横浜市民ギャラリーあざみ野では、魚や鳥などのかたちをしたユニークな創作凧「小関凧」の展示や、自分だけのオリジナルどうぶつをつくるファミリー参加のワークショップなどを行う「あざみ野こどもぎゃらりぃ2021みんなあつまれ!どうぶつパーク」を開催します。
来場した子どもたちに、ミニどうぶつをつくる材料セットの無料配布もあり。
以下、この展覧会の詳細についてまとめました。

「あざみ野こどもぎゃらりぃ2021 みんなあつまれ!どうぶつパーク」について

展示

小関凧

タコの凧、魚の凧、パンダの凧、大きさもかたちも様々な小関凧を展示
凧つくり名人・小関章(こせきあきら)さん(1922年~2019年)が独自のつくり方でつくったユニークなかたちの創作凧です。
小関さんは、子どもの頃にお父さんに教えてもらった凧つくりを思い出し、60歳をすぎてから身近にある材料を利用してたくさんの凧をつくりました。
誰でもかんたんにつくれて、かならずあがる小関凧は、子どもたちに凧つくりの楽しさや喜びを伝えてくれます。
協力:横浜美術館子どものアトリエ

 

ワークショップ

凧をつくろう

凧の仕組みを知って、自分で揚げられる凧をつくります。

  • 開催日:7月31日(土)
    ①10:00-12:00(対象:小学1~3年生)
    ②13:30⁻15:30(対象:小学4~6年生)
  • 定員:各回10名
  • 参加費:ひとり1,000円
  • 講師:三ツ山一志
  • 応募締切:7月21日(水)
    ※①は風をはらんで揚がる凧、②は風を受け流して揚がるタコ型の凧をつくります。

うめぐみパークでどうぶつをつくろう

平らな紙を使って自分だけのどうぶつをつくるファミリー参加のワークショップ

  • 開催日:7月30日(金)、8月1日(日)、8月4日(水)、8月7日(土)、8月8日(日・祝)
    各日10:30-11:30/14:00⁻15:00
    ※8/7(土)は14:00-15:00のみ
  • 対象:小学生以下の子どもとその保護者
  • 定員:各回5グループ(1グループ5名程度)
  • 参加費:1グループ800円
  • 講師:うめぐみ
  • 応募締切:7月30日(金)、8月1日(日)開催分:7月23日(金・祝)、8月4日(水)、8月7日(土)、8月8日(日・祝)開催分:7月28日(水)

 

来場者に「おみやげ」

おうちでつくろう!ミニどうぶつ

展覧会に来場した子どもたちに、自宅で簡単につくれる手のひらサイズのどうぶつをつくる材料をプレゼント!(ひとり1セット・無料)

 

開催概要

  • 会期:2021年7月30日(金)~8月8日(日・祝) 10:00~16:00
  • 会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
  • アクセス:東急田園都市線・あざみ野駅〜徒歩4分
  • 主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
  • 協力:横浜美術館子どものアトリエ
  • 入場料:無料
  • 定休:会期中無休


 

イベント公式ホームページ(申込み)

 

青葉区の最新情報

 

-芸術・音楽
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.