横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市港南区】2020年8月16日 港南台タカシマヤ閉店へ〜テナントや跡地はどうなる?

高島屋が、高島屋港南台店(横浜市)を閉店すると発表したのが2019年10月。
その後新型コロナ禍の混乱を経て、とうとう2020年8月16日の閉店まで1ヶ月になりました。
そこで閉店までのイベントや、今後の跡地情報についても調べてみました。

「港南台タカシマヤ」について

  • 1983年10月1日 「株式会社横浜髙島屋」の支店として開業し、相鉄グループの日本市街地開発株式会社が「港南台バーズ」として開発した商業地に入居開始。
    港南台バーズのオーナーは相鉄ビルマネジメントで、相鉄ローゼンも入居し、相鉄沿線ではない町に作られた「オール相鉄グループ」のショッピングセンター。
  • 2017年3月 横浜店から独立し、単独店舗となる。
  • 2019年10月11日、高島屋は港南台店の閉店を発表。
  • 開業37年目の2020年8月16日に閉店の予定。

 

閉店の背景

1983年に開店した港南台店は、1991年度には約180億円の売り上げがありましたが、2018年度には79億7900万円と半分以下まで落ち込んでいました。
2014年度以降は、2017年度を除いて赤字が続き、「入店客数も年々減っている」という状態が続いていたということです。

港南台は1960年代から開発されたニュータウンです。
港南区の人口は平成の30年間で常に21~22万人台(国勢調査の統計)で大きな増減はなく、「港南台店が開店したころは若い住人が多く、盆になると皆帰省して出て行き、街が閑散としていた。今は逆で、街で育った若者がお盆に戻ってくる街になった。それがニュータウン(高島屋の関係者)」というように、高齢化社会による街の構造の変化が、徐々に売り上げの低下に繋がっていったのではないでしょうか。

高島屋が、売り上げ減少のため港南台店の営業を終了する方針を公表したのが、昨年2019年10月11日でした。

 

「港南台タカシマヤ」ホームページ

 

閉店までのイベント・スケジュール

港南台店閉店に伴う「さよならセール」が、7月1日(水)から8月16日(日)まで、下記のスケジュールで行われています。
各階でのお買い得品販売が、3回に分けて行われます。
営業時間は、10時~19時30分まで。
詳しくは下記、港南台店「さよならセール」のホームページをご覧ください。

  1. さよならセール 第1弾:7月1日~14日
    衣類・雑貨などの商品をそろえ、食料品売り場では通常取り扱いのない人気商品の期間限定販売などを実施
  2. さよならセール 第2弾:7月15日~28日
    均一セールやまとめ買いセールなどを実施
  3. さよならセール 第3弾:7月29日~8月16日
    最終売り尽くしセール、記念グッズの販売やプレゼントの実施

 

「さよならセール」の詳細はこちら

 

 

 

閉店後の跡地はどうなる?

高島屋港南台店が入居する「港南台バーズ」では、現在までに高島屋港南台店閉店に伴う営業の変更や停止に関するアナウンスは発表されていません。
閉店後は、新たなテナントが入居する可能性もありそうですね。
高島屋港南台店に入居している、ニトリの髙島屋港南台店についても、まだ正式な閉店情報は発表されていませんので、引き続き「港南台バーズ」のテナントとして営業を続けていくと思われます。

港南台バーズ ホームページ

 

港南区の最新情報

 

-開店・閉店
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.