横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【8月10日】横浜駅構内にオープンのシェアオフィス「STATION DESK横浜」〜利用方法と料金は?

出典:JR東日本リテールネット

2020年2月28日、JR東日本は、山手線沿線をはじめとする首都圏エリア12駅で順次、エキナカ商業空間を開業することを発表、「エキュートエディション横浜」も、8月10日に開業します。
この「エキュートエディション横浜」に入居するテナントは5店舗。
その中のひとつ、会員制シェアオフィス「STATION DESK横浜」について調べました。

すぐに使えるシェアオフィス「STATION WORK」とは

STATION WORK(ステーションワーク)は、JR駅構内にあるシェアオフィスサービス。
JR東日本の強みである駅ナカを拠点とする事で移動時間のロスが最小となり、すきま時間を有効に活用できるスペースです。
STATION WORKには、空調設備、モニター、WiFi、電源を完備しています。
形態は、ブース型スペースの「STATION BOOTH」と、コワーキング型スペースの「STATION DESK」があります。

 

このような場面での利用に便利です

電車の待ち時間にひと仕事

電車の乗り換え時、待ち時間に駅構内から出る事なく、デスクやWi-Fi・電源を使用して仕事ができます。

静かな環境で電話対応

防音対策を行っているので、騒がしい駅ナカの騒音を気にせずに電話やWEB会議が可能です。

待ち合わせや休憩に

予約なしでもその場で利用が可能。15分単位で利用できるので、待ち合わせや休憩を快適な空間で過ごせます。

 

横浜駅構内のシェアオフィス「STATION DESK横浜」について

イメージ画像は「STATION DESK 東京丸の内」

「働く人の1秒を大切に」をコンセプトに、JR東日本が提供する駅中シェアオフィス。
シートは全てプライバシーに配慮した個室タイプ。
フォンブースやフリードリンクも利用できます。

利用料金(STATION DESK)

  • 15分:150円(税別/キャンペーン価格)

 

利用方法

会員登録

  1. TOPページの会員登録の入力フォーム、もしくは「ログイン/会員登録」のボタンからEメールアドレスを送信します。
  2. 入力したEメールアドレスに、会員登録ページのURLが送付されるのでリンクを開きます。
  3. ログインで使用するパスワードや氏名など、必要情報を入力し、利用規約を確認して「登録」します。個人会員登録には、クレジットカードの登録が必要です。

個人登録はこちら
法人登録はこちら

 

予約

ログインし、利用したい駅を選択し、空き状況を確認、空いていれば場所を選んで予約します。
予約情報は、トップページに一覧で表示されます。
予約した利用開始時間に予約時間分が課金されます。
予約をキャンセルする場合は予約時間前に行ってください。

ログインページはこちら

 

入室

予約時間になったら、ブース扉脇のタッチパネルディスプレイを操作し、QRコードリーダを起動します。

※予約時間内の途中入退室操作はスマートフォンで行えます。
退室の際は必ずスマートフォンを携帯して退室してください。
※予約がなくても、ブースが空いていればQRコードをかざし、空き時間を抑えるだけで利用できます。

 

JR横浜タワー内の「STATION SWITCH横浜」も利用可能

STATION WORKに会員登録すると、JR横浜タワー内にオープンしたワークスペース「STATION SWITCH横浜」12Fの一部エリアが利用できます。

「STATION SWITCH横浜」の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

JR横浜タワーのワークスペース「STATION SWITCH」利用方法や金額は?【6/24オープン】

2020年6月24日、開業が延期になっていた横浜駅西口の駅ビル「JR横浜タワー」がようやく開業しました。 「JR横浜タワー」は、JR東日本が横浜駅西口に新設した地上26階、地下3階、高さ132.253 ...

続きを見る

JR横浜タワーのワークスペース「STATION SWITCH」に行ってきた【2020.6.26】

6月24日(水)、開業が延期になっていた横浜駅西口の駅ビル「JR横浜タワー」がようやく開業しました。 「JR横浜タワー」は、JR東日本が横浜駅西口に新設した地上26階、地下3階、高さ132.253mの ...

続きを見る

 

「エキュートエディション横浜」について

概要

「ecute:エキュート」は、JR東日本が展開する首都圏のターミナル駅構内にあるエキナカ商業施設のブランド。
駅(eki)を中心(center)に、あらゆる人々(universal)が集い(together)楽しむ(enjoy)快適空間に生まれ変わるということを願うという意味を込めてネーミングされました。
「エキュートエディション横浜」は、横浜駅の駅改札内に新設されるコンコースの供用開始にあわせて開業する、4つの飲食店とシェアオフィスで構成される、エキナカ商業施設のノウハウを生かした業態編集型の新ブランドです。

  • 開業:2020年8月10日(月・祝) 10:00~

 

入居店舗

  • ビアカフェ「COFFEE AND BEER &9」
  • 寿司&日本酒バー「横浜すし好」
  • ワインバル「matou e mon YOKOHAMA」
  • カフェ「CROSSTIES COFFEE」
  • 会員制シェアオフィス「STATION DESK横浜」
【8月10日】横浜駅構内にオープンの「エキュートエディション横浜」〜テナント情報まとめ

2020年2月28日、JR東日本は、山手線沿線をはじめとする首都圏エリア12駅で順次、エキナカ商業空間を開業することを発表しました。 「エキュートエディション横浜」も、8月10日に開業を発表。 テナン ...

続きを見る

 

「エキュートエディション」JR東日本の公式発表記事

 

オープン延期の横浜駅ビル「JR横浜タワー」6/24日開業〜CIAL横浜は6/18から

JR東日本は、5月30日の開業が延期になっていた横浜駅西口の駅ビル「JR横浜タワー」を、6月24日(水)に開業すると発表がありました。 「JR横浜タワー」は、JR東日本が横浜駅西口に新設した地上26階 ...

続きを見る

-開店・閉店
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.