横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

「たったひとつの恋」第1話に使われた横浜市内のロケ地はどこ?【日テレ土曜ドラマ】

出典:日本テレビ

2006年10月14日から12月16日まで放送された、日本テレビ系土曜ドラマ『たったひとつの恋』は、KAT-TUN・亀梨和也 初主演、共演・綾瀬はるか、脚本・北川悦吏子のラブストーリー。
主人公の神崎弘人(亀梨和也)が働く造船工場「神崎造船鉄工所」は、神奈川県横浜市神奈川区星野町の造船所が舞台です。
その他にもドラマ内では、横浜市内のロケ地がたくさん登場します。
そこで第1話のドラマで使われたロケ地を調べてみました。

「たったひとつの恋」第1話のロケ地

神崎弘人が働いている「神崎造船鉄工所」

東京エンジニアリング 造船所(神奈川県横浜市神奈川区星野町1-11)

草野甲が働いている「金港運輸本牧営業所」

森野帆布船具工業所(神奈川県横浜市中区かもめ町27)

大沢亜裕太が台車を押していた場所

横浜港大桟橋国際客船ターミナル(神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4)

弘人たちのトラックが走っていた高架下の橋

常盤橋(神奈川県横浜市神奈川区守屋町1丁目)

弘人たちのトラックが走っていた大橋

南本牧大橋(神奈川県横浜市中区南本牧2)

弘人たちが釣りに来た防波堤

横浜貯木場防波堤(神奈川県横浜市中区新山下3-6)

弘人たちが日が暮れるのを待っていた場所

新港ふ頭(神奈川県横浜市中区新港2-4)

菜緒が弘人のバケツにぶつかった場所

レンガ坂(神奈川県横浜市保土ヶ谷区峰岡町3丁目)

弘人たちが魚を持って行った「山ゆり亭」

料亭 滝川(神奈川県横浜市神奈川区台町8-14)

ムーンライトパーティーの会場

リビエラ逗子マリーナ(神奈川県逗子市小坪5-23-9)

菜緒が弘人とハロウィンの約束をした場所

元町第一駐車場の前(神奈川県横浜市中区元町1-14)

菜緒の父が経営するジュエリーショップ

スタージュエリー 元町本店(神奈川県横浜市中区元町1-24)

ジュエリーショップのカフェ

STAR JEWELRY CAFE(神奈川県横浜市中区元町1-28-4 現在は閉店)

裕子が菜緒に電話していた店の入り口

ハーゲンダッツ カフェ 青山(東京都港区南青山 3-1-1 現在は閉店)

亜裕太が通う自動車整備専門学校

読売自動車大学校(東京都江東区亀戸2-28-5)

菜緒が弘人を待っていた公園

赤レンガパーク(神奈川県横浜市中区新港1-2-1)

弘人と菜緒が歩いていた階段

貝殻坂(神奈川県横浜市中区1丁目)

菜緒が弘人のコートを受け取ったクリーニング店

ホワイトハウス モトマチ(神奈川県横浜市中区元町1-35)

菜緒が歩いていた場所

元町プラザ(神奈川県横浜市中区元町1-13)

菜緒が弘人を訪ねた慶応大学医学部校舎

東京海洋大学 越中島キャンパス(東京都江東区越中島2-1-6)

菜緒が歩いていた橋

新浦島橋(神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1)

 

ドラマ「たったひとつの恋」の放送日程

放送話 放送日時
第1話 2006年10月14日(土)21:00-22:14
第2話 2006年10月21日(土)21:00-21:54
第3話 2006年10月28日(土)21:00-21:54
第4話 2006年11月4日(土)21:00-21:54
第5話 2006年11月11日(土)21:00-21:54
第6話 2006年11月18日(土)21:00-21:54
第7話 2006年11月25日(土)21:00-21:54
第8話 2006年12月2日(土)21:00-21:54
第9話 2006年12月9日(土)21:00-21:54
最終話 2006年12月16日(土)21:00-21:54

 

ドラマの公式サイトはこちら

 

「たったひとつの恋」第2話に使われた横浜市内のロケ地はどこ?【日テレ土曜ドラマ】

2006年10月14日から12月16日まで放送された、日本テレビ系土曜ドラマ『たったひとつの恋』は、KAT-TUN・亀梨和也 初主演、共演・綾瀬はるか、脚本・北川悦吏子のラブストーリー。 主人公の神崎 ...

続きを見る

横浜市のロケ地情報

 

-ロケ地情報
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.