横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

横浜美術館、大規模改修工事のため3月1日より全館休館〜再開館は2023年度に【横浜市西区】

出展:横浜美術館

1989年の開館から30余年を経た横浜美術館は、初めての大規模改修を行う工事のため、2021年3月1日(月)より全館休館することになりました。
再開館は2023年度中になる予定です。
なお、休館の間も、オンラインでの発信や仮事務所にてワークショップなどを実施する予定です。
以下、休館の詳細情報をまとめました。

横浜美術館の大規模改修工事について

休館について館長からのメッセージ

  • 休館開始日:2021年3月1日(月)
  • リニューアルオープン予定:2023年度

 

今回の改修のポイント(館長メッセージより)

空調設備の更新

貴重な文化財である作品を保管し、次世代に引き継ぐことを使命とする美術館にとって、空調設備はもっとも重要なものの一つです。
温度は22度±2度、湿度は55%±5%。展覧会によって細かく調整はしますが、これが大体展示室の温湿度の基準値です。

この値がもし設備の不調により大きく上下すると、作品に使用されているカンヴァス地や紙が波打ったり突っ張ったりし、その上にのる絵具やインク、現像液などのひび割れや剥落を引き起こす可能性があります。
温湿度の変化に敏感な木彫作品にも影響が及ぶでしょう。こうした事態を招くことのないよう、今回の工事で設備を整え、未来の万全な活動に備えます。

街との関係をより開かれたものに

美術館の前には、みなとみらい駅から横浜駅東口方面を結ぶ軸線上に位置する「グランモール公園」があります。子どもたちの歓声が絶えない、気持ちのよい広場です。
丹下健三は設計時、この広場と美術館をいかにつなぐか、という点を特に重視していました。この理念を引き継ぎ、広場から美術情報センターに直接入れる入口を設けたり、広場に面した部分に新しい展示ギャラリーを開設したりする予定です。

広場から中に入ると、そこには横浜美術館名物の大空間、グランドギャラリーが広がっています。丹下建築の要となるこの部分はその意匠を大切に守りながら、バリアフリーの工夫を加え、より多様なお客さまに快適な鑑賞体験をお届けします。

 

「横浜美術館」について

「横浜美術館」は、1989年(平成元年)3月に横浜博覧会のパビリオンとして開館、博覧会終了後の同年11月に正式開館した「みる、つくる、まなぶ」を三本の柱とする複合美術施設です。
建物の設計は丹下健三都市建設設計事務所。収蔵作品数は、美術作品:約1万点(うち写真約4200点)、蔵書:約10万冊。館長は蔵屋美香(キュレーター、写真評論家)。

 

概要

  • 住所:横浜市西区みなとみらい3-4-1
  • アクセス:みなとみらい線・みなとみらい駅〜徒歩4分
  • 電話番号:045-221-0300
  • 開館時間:10:00~18:00
  • 休館日:木曜日、年末年始
  • 設備:ミュージアムショップ、レストラン・カフェ、駐車場

 

公式ホームページ

 

西区の最新情報

 

-芸術・音楽
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.