横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

「横浜市電保存館」横浜市営交通100周年記念の写真展4/1から開催〜花電車も展示【横浜市磯子区】

2021年4月1日(木)に100周年を迎えた横浜市営交通を記念して、横浜市電保存館で2021年4月1日(木)から2022年年3月21日(月)まで、写真展「ちんちん電車の走っていた懐かしい横浜」を開催しています。
記念日やお祝いごとにあわせて市電車両を装飾した「花電車」も再現展示中。懐かしい市電車両が並ぶ市電保存館は絶好の撮影スポットです。
以下、このイベントの詳しい情報をまとめました。

横浜市電保存館「横浜市営交通100周年記念写真展&花電車展示」について

「ちんちん電車」の名前で親しまれた市電の車両や停留所を、昔の姿そのままに再現した横浜市電保存館。今年は横浜市営交通100周年を記念した特別写真展&花電車展示を実施しています。

 

写真展「ちんちん電車の走っていた懐かしい横浜」

昭和40年代の市電が走っていた懐かしい横浜の写真を展示しています。
※横浜市電保存館YouTube公式チャンネルでも配信しています。

  • 開催期間:令和3年4月1日~令和4年3月21日
    ※期間中、展示替えを実施。
  • 第一回「山元町 前篇」
    展示期間:4月1日~5月30日(予定)
    1970(昭和45)年、1971(昭和46)年 山元町ー石川町五丁目
  • 第二回「山元町 後篇」は、6月1日~7月31日展示予定。

 

「ありがとう100周年」花電車展示

市電の時代、記念日や行事にあわせて車両を装飾し運行した「花電車」の再現は、市電保存館の人気の展示です。
今年は市営交通100周年を記念した「ありがとう100周年」バージョンに装飾。小学生が「未来の市営交通」に向けて作成したメッセージボードを展示しています。

  • 開催期間:令和3年4月1日~令和4年3月21日

 

「横浜市電保存館」概要

  • 住所:横浜市磯子区滝頭3-1-53
  • アクセス:市営バス「市電保存館前」下車すぐ 「滝頭」下車〜徒歩3分
  • 電話番号:045-754-8505
  • 駐車場:16台(無料)
  • 開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  • 入館料金:大人(高校生以上):300円 / 3歳から中学生:100円
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/29〜1/3)
    ※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館


 

「横浜市電保存館」イベント公式ホームページ

 

「横浜市営交通100周年」公式ホームページ

 

「横浜市営交通」車内まるごと100周年記念のギャラリートレインを4月14日から運行【横浜市】

2021年4月1日(木)に100周年を迎える横浜市営交通は、4月14日(水)から、懐かしい写真で100年の歴史を振り返る“ギャラリートレイン”を期間限定で運行します。 また市営地下鉄ブルーライン、グリ ...

続きを見る

磯子区の最新情報

 

-お祭り・イベント情報, レジャー・観光情報
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.