横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市】⾼齢者のワクチン接種状況と今後の予約⾒通し及び64歳以下の個別通知について

2021年6月9日(水)、横浜市は新型コロナウイルスのワクチン接種について、⾼齢者の接種状況と今後の予約⾒通し及び64歳以下の市⺠への個別通知(接種券)の送付について、情報を発表しました。
以下、横浜市発表の詳細内容をまとめました。

高齢者接種の予約状況

予約状況は、約123.1万回となっています。内訳は、集団接種約 45.9万回、⼤規模接種18.5万回、個別接種約58.7万回(ワクチン配送量による推計)です。
今後は、医療機関による個別接種が本格的に始まります。これにより7⽉末までに希望するすべての⾼齢者の⽅に接種していただける⾒通しとなっています。

 

集団接種

集団接種は、6⽉8⽇現在、約43.7万回分の予約を受け付けています。
次回6⽉14⽇に約2.2万回分(1.1万⼈分)の予約を受け付けます。
※6⽉15⽇以降は、キャンセルにより空きが出た予約枠について、接種⽇前⽇まで受け付けます(注:会場では予約を受け付けません)。

 

個別接種

市の予約専⽤システム(WEB)・予約センター(電話)では、6⽉7⽇現在、約4.3万回(2.15 万⼈)の予約を受け付けました。
また、医療機関の直接予約受付分については、横浜市では把握できないため、市から各医療機関へのワクチン配送量から推計しています。

 

個別接種について

  • 接種を希望する⽅は、まずはかかりつけ医にご相談ください。
  • かかりつけ患者の⽅以外にも接種を⾏う医療機関は、約850か所(6⽉9⽇現在。前回公表時約600か所)となりました。
  • 6月10⽇14時から、予約⽅法・予約開始⽇と合わせ、市ウェブページで案内します。
  • 6⽉16⽇(⽔)には、広報よこはま特別号を発⾏し紙媒体でも同様に案内します。
  • なお、医師会を通じて更なる協⼒を依頼し、新たな医療機関の募集を⾏った結果、ワクチン接種を実施する医療機関が増え、約 1,500 か所となりました(6⽉ 9 ⽇現在)。

 

64歳以下の方への個別通知(接種券)について

国は、64歳以下の⽅々への接種券について、6⽉中旬を標準的な発送時期とするよう⾃治体に通知するとともに、6⽉21⽇から企業や⼤学等における職域接種を開始する旨を発表しました。
横浜市では職域接種が開始される状況をふまえ、64歳以下の市⺠の皆様へ接種券を、まずは送付する予定です。
ただし、優先接種者(※)以外の方はすぐに接種できません。
後⽇あらためて、接種時期に合わせて、予約に関するご案内を送付します。

※優先接種者:基礎疾患を有する⽅及び⾼齢者施設等従事者

  1. 発送時期:6⽉下旬から7⽉中(予定)
  2. 発送方式:年齢層別に5〜6段階(各年齢層の発送間隔は 1 週間程度)
  3. 対象年齢:64歳から12歳まで
  4. 発送数:約245万通
    ※詳細は後⽇発表します。

 

接種状況について

横浜市内のワクチン接種の進捗状況等を、毎週⽔曜⽇に下記のホームページで公表します。

新型コロナウイルスワクチン接種について(特設ページ)

 

新型コロナウイルスワクチン接種について(記者発表資料)

 

【横浜市】横浜港ハンマーヘッドの大規模会場でワクチン接種を実施〜予約方法と日程について

横浜市は、新型コロナウイルスのワクチン接種について、2021年6月から7月末まで、横浜港の「横浜ハンマーヘッド」に大規模接種会場を設置し、ワクチンの接種を行うと発表しました。 横浜市では、期間中の午前 ...

続きを見る

新型コロナ関連情報

 

-新型コロナ関連情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.