横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市】緊急事態宣言の発出に伴い、8月2日から8月31日までの対応策について発表

2021年7月30日(金)、横浜市は神奈川県の緊急事態宣言の発出に伴い、横浜市新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、2021年8月2日から8月31日までの間の対応策を発表しました。
以下、横浜市発表の内容をまとめました。

緊急事態宣言の発出に伴う横浜市の対応について

2021年7月30日(金)、横浜市は、2021年8月2日から8月31日までの間、次のとおり対応することを決定しました。

 

市民利用施設の予約の停止について

宣言期間中の施設利用の新規予約受付を停止します。

 

市主催等のイベントの収容人数の制限について

人数上限を「収容率 50%以内かつ上限 5,000 人」とします。

 

詳細内容

市民利用施設 現在の主な対応(まん延防止等充填措置) 8月2日からの対応(緊急事態宣言)
利用時間の短縮等
  • 利用時間について、原則20時、ただしイベント開催時は21時までとする
  • 酒類提供は終日完全停止(持ち込み含む)
  • 利用時間の短縮
  • 酒類提供の完全停止
  • 原則として、宣言期間中の施設利用の新規予約を停止
キャンセル料等
  • 措置期間中の上記時間をまたぐ利用枠の予約について、
    取り消しを申し出たものはキャンセル料を徴収せず、
    事前に納付されていた利用料等を変換。
  • 引き続き実施
徹底的な感染対策
  • 一般的な感染対策に加え、施設内外に混雑が生じることが無いよう、
    集客に応じた入場制限などの入場整理を徹底
会食自粛の注意喚起
  • 利用客に対し、利用前後の会食自粛など、リスクの高い行為への注意喚起
市主催等のイベント 現在の主な対応(まん延防止等充填措置) 8月2日からの対応(緊急事態宣言)
開催基準の制限等
  • ①と②の小さい人数を上限
    ①収容率:歓声・声援等 無し100% 有り50% ②人数:5,000人以下
  • 原則21時までの開催・イベント前後の会食自粛を周知
  • 酒類提供は終日完全停止(持ち込み含む)
  • 施設内外に混雑が生じないよう、集客に応じた入場制限等の入場整理を徹底
  • 人数制限 上限5,000人かつ収容率50%以内
  • 開催時間等の短縮
  • 酒類提供の完全停止 引き続き実施
  • 入場整理の徹底

 

緊急事態宣言の発出に伴う横浜市の対応について(記者発表資料)

 

新型コロナ関連情報

 

-新型コロナ関連情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.