横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

横浜市、みなとみらい21地区で電動キックボードシェアリングサービスの実証実験を10/21〜開始

みなとみらい21地区(MM21地区)において、電動キックボードの利活用により、地区の魅力や回遊性を高める交通ネットワークの充実やラストワンマイルの移動課題の軽減等を推進するため、横浜市、一般社団法人横浜みなとみらい21及び株式会社Luupの3者による包括連携協定を締結し、2021年10月21日(木)~2022年3月31日(木)の期間、電動キックボードシェアリングサービスの実証実験を行います。
以下、この実証実験の詳細をまとめました。

「電動キックボードシェアリングサービスの実証実験」について

実証実験サービス概要

MM21地区内のポート(停留所)にある電動キックボードを予約して乗車し、指定したポートに返せるシェアリングサービスです。

  • サービス期間:2021年10月21日(木)~2022年3月31日(木)
  • 対象エリア:MM21地区(地図参照)
  • 利用方法:専用スマートフォンアプリ「LUUP」をダウンロードの上、会員登録・免許証登録・走行ルールの確認テストに合格したのち、乗車可能
  • 料金:初乗り10分110円、それ以降1分16.5円(税込)
  • 主要ポート候補地: 横浜ランドマークタワー、MARK IS みなとみらい、53街区(新高島駅至近)等を予定 ※順次拡大予定
  • 特例措置の内容(一部): ヘルメットの着用任意
    車道に加えて、普通自転車専用通行帯、自転車道、一方通行だが自転車が双方向通行可とされている車道の走行が可能
    道路交通法上は小型特殊自動車の扱いとなり、最高速度は15km/h

 

対象エリア

MM21中央地区、新港地区、横浜駅東口地区において、実証実験を行います。
ポートの設置場所は、随時LUUPアプリで通知します。

 

利用方法

  1. まずはアプリ「LUUP」をダウンロード!
  2. アプリを開きライド開始したいポートを探す
  3. 見つけて電動キックボードを選ぶ
  4. ポートに着いたらアプリを立ち上げて車体のQRコードをスキャンする
  5. 目的地を設定したらライド開始!

アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
LUUPアプリは、iOS 13 以降、iPhone 6 以降、Android OS 6.0 以降の端末で使用可能

 

記者発表会・安全講習会のお知らせ

MM21地区でのサービス開始日に、記者発表会と一般向け安全講習会を実施します。
参加を希望される方は、下記メールアドレス宛に10月20日(水)18時までに、媒体名・氏名・連絡先を連絡してください。

  • 日程:2021年10月21日(木)
  • 時間:記者発表会13時30分~15時
  • 一般向け安全講習会15時~17時
  • 場所 ドックヤードガーデン(横浜市西区みなとみらい2-2-1)
  • 撮影可能シーン例:横浜市、YMM、Luup代表者のフォトセッション、電動キックボードの走行、安全講習会の様子 など
  • 問合せ先:
    TEL:080-4833-115
    E-mail:pr@luup.co.jp

 

記者発表資料(横浜市)

 

横浜市の最新情報

 

-交通情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.