横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

相鉄、横浜駅に伊藤園と共同で 「お茶に特化した自動販売機」7月27日から試験導入【横浜市西区】

相模鉄道は、2021年7月27日(火)から2022年1月中旬までの期間、伊藤園と共同で横浜駅の改札内に全国で初めてとなる「お茶に特化した自動販売機」を試験導入します。
以下、この自販機の詳細についてまとめました。

「お茶に特化した自動販売機」について

「お茶に特化した自動販売機」は、「沿線を元気に!とどけ お茶のチカラ!」をテーマとして、お茶のリーディングカンパニー、伊藤園と共同で実施するものです。近年の健康に対する意識の高まりによって注目されている「お茶」に特化して販売する自動販売機を相鉄線の横浜駅に設置することで、外出・通勤通学時やデスクワークにおける水分補給など、多様な場面に「お茶」のチカラを届けることを目的にしています。
今回、全国初の試みとして、横浜駅に設置する伊藤園提供の「お茶に特化した自動販売機」は、「お~いお茶」に代表される茶系飲料製品のほか、全国各地の地域限定販売製品(「北海道とうきび茶」など)や「八女茶」などの茶葉製品、粉末スティック製品なども販売します。
試験終了後は、効果や課題を分析し、本格導入を検討していきます。

 

導入概要

  • 期間:2021年7月27日(火)~2022年1月中旬(予定)
  • 内容:横浜駅の改札内において、㈱伊藤園が提供する「お茶に特化した自動販売機」を試験導入
  • 商品:
    ◆茶系飲料製品:お~いお茶 緑茶、お~いお茶 ほうじ茶、健康ミネラルむぎ茶、烏龍茶など 地域限定販売製品:北海道とうきび茶(飲料製品)、狭山茶(飲料製品)八女茶(茶葉製品)、知覧茶(茶葉製品)
    ◆粉末スティック製品:お~いお茶 お抹茶 POWDER
    ※地域限定販売製品などは、商品が変更になる場合あり
  • 設置場所:相鉄線 横浜駅 2階改札内
  • 設置台数:1台

 

「お茶に特化した自動販売機」公式リリースページ

 

西区の最新情報

 

-フード・スイーツ, 交通情報
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.