横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

「路線バス自動運転プロジェクト」自動運転バス運行を二俣川駅で9/20から実施【横浜市旭区】

横浜市と相鉄バス、群馬大学、日本モビリティは、IoT等による新ビジネス創出を促進する「I・TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を推進しています。 このプロジェクトの取組の一環として、2021年9月20日(月)から9月24日(金)までの5日間、二俣川駅から左近山団地を結ぶ路線バスの一部区間において自動運転バスによる実証実験を行います。 今後も段階的な実証実験を重ね、自動運転に対する社会受容性の向上を図るとともに、自動運転「レベル4」による営業運行の早期実現を目指します。
以下、このプロジェクトの詳細についてまとめました。

「路線バス自動運転プロジェクト」について

実証実験の概要

  • 実施期間:2021年9月20日(月・祝)~9月24日(金)(5日間)
    ※緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の期間延長などにより、延期または中止することがあります。
  • コース:相鉄本線・二俣川駅南口(1番乗り場)~左近山第5(往復約9kmを最高時速30kmで走行)
    ※区間内にある22箇所のバス停すべてに停車 自動運転 運転席に運転士を配置した自動運転「レベル2」 運転士は座席に着座し、一部区間は手動に切り替えて操作
  • 乗車定員:各便25人(先着順となり、定員を超える場合は乗車できません) 運行本数 1日あたり3往復(二俣川駅南口発3便、左近山第5発3便)
    ※実証実験を行う区間は、平日ピーク時(1時間)に30本、1日に340本の路線バスを運行
  • ポイント:
    ・2021年3月に実施した実証実験の区間を延伸して行うもの
    ・神奈川県内では初めて、駅に接続する自動運転バスの実証実験

 

使用車両

  • 車両:日野ブルーリボン ハイブリッド 2SG-HL2ANBP 改
  • 所有者:相鉄バス(株)
  • 乗車定員:27人(自動運転時、旅客25人、運転士1人、保安要員1人)。車検上は77人
  • 寸法:1,055cm(L)248cm(W)337cm(H)

 

運行スケジュールとダイヤ

運行予定日:2021年9月20日(月曜日・祝日)~9月24日(金曜日)

 

路線バス自動運転プロジェクトについて

横浜市と相鉄バス㈱、群馬大学、日本モビリティ㈱は、IoT 等による新ビジネス創出を促進する「I・TOP 横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能なモビリティサービスの実現を目指し、「路線バス自動運転プロジェクト」を実施しています。
郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指します。

 

横浜市 記者発表資料

 

旭区の最新情報

 

-交通情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.