横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【東急電鉄】全線でダイヤ改正を実施〜2021年3月13日から

2021年1月26日(火)東急電鉄は、3月13日(土)に、東急線全線においてダイヤ改正を実施すると発表しました。
今回のダイヤ改正では、こどもの国線を除く東急線全線で終電時刻の繰り上げを実施するほか、利用客の動向の変化に対応した運行ダイヤの適正化を実施。
また、平日朝間の時間帯では、東横線において一部列車の所要時間の短縮、田園都市線においては急行・準急を拡充することで利便性・速達性の向上を図るということです。
以下、ダイヤ改正の内容をまとめました。

ダイヤ改正の主なポイント

終電時刻の繰り上げ

  • ホームドアなどの設備の増加に伴い、保守点検のための夜間作業時間や夜間作業に関わる要員の確保のため、こどもの国線を除く東急線全線で15分~30分程度の終電時刻の繰り上げを実施。
  • 初電時刻の大きな変更はありません。
  • 1月20日より実施している終電時刻の繰り上げとは時刻が異なるので注意してください。

 

運行ダイヤの適正化

  • 田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線では、日中時間帯(10時台~16時台)を中心に、利用客の動向の変化に対応した運行ダイヤの適正化を実施。
  • 東横線、田園都市線では、朝間・深夜時間帯においても一部区間、一部列車で運行ダイヤの適正化を実施。

 

平日朝間における利便性と速達性の向上

東横線

  • 平日6時台に運行している上り特急を、横浜~渋谷間で現行26分から25分で運転。

田園都市線

  • 平日朝間における中央林間始発の急行・準急を拡充し、利便性と速達性を向上。
  • 6時台の中央林間始発の準急1本を急行に変更
  • 7時台の中央林間始発の準急を2本から5本に拡大

 

「東急電鉄」公式ホームページ

 

東急電鉄「東急新横浜線」綱島地区に開業する新駅の名称を「新綱島」に決定【横浜市港北区】

東急は、2022年度下期に「東急新横浜線」綱島地区に開業する新駅の名称について、公募の結果、多くの方々に親しまれる駅名として、「新綱島駅」を選定しました。 以下、詳細情報を調べました。 「新綱島駅」に ...

続きを見る

 

-交通情報

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.