横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

プロバスケットクラブB3「東京エクセレンス」7月1日にホームタウンを横浜市に移転【横浜市中区】

2021年1月26日(火)、プロバスケットボールクラブの「東京エクセレンス(B3リーグ所属)」は、2021年7月1日より東京都板橋区から神奈川県横浜市にホームタウンを移転すると発表しました。
移転に伴い、クラブ名はホームタウンである「横浜」を入れ込んだ名称に変更予定ということです。
以下、発表の記事をまとめました。

「東京エクセレンス」について

「東京エクセレンス」は現在、東京都板橋区をホームタウンとして、B3.LEAGUEに所属しているプロバスケットボールチームです。
チーム名は、「Strive for Excellence」という意思のもと、常に自己向上の努力を惜しまない思いを込めています。

母体はスポーツドクターであり北海道大学時代にインカレ出場経験のある辻秀一氏の手で2002年に創設されたクラブチーム「エクセレンス」。
今までの最高成績は、2004年の全日本クラブ選手権3位。

 

「東京エクセレンス」の歴史

2013年6月23日、ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)下部のナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグ(NBDL)にNBL参入の権利が得られる準会員として参入。
2016-17年度はB2に配置されましたが、2017年4月、板橋区でのホームコート建設の目処が立たず、B3降格が決定が正式に決定します。

2019年4月9日、2023-24シーズンより東京23区内に計画されている新設アリーナを利用予定を条件に、BリーグからB2ライセンスが交付されました。
4月27日にはファイナルステージ1位が確定し、年間1位も確定して、2019-20シーズンのB2リーグの自動昇格が確定します。

しかしその後建設計画が見直しとなり、新設アリーナの利用も白紙撤回となったため、2020年3月27日に再びB2への参加資格も失うことになりました。
そして2021–22年度シーズンからは、ホームタウンを横浜市に移転し、ホームアリーナも横浜武道館に移転することを発表しました。

 

チーム概要

  • 愛称:エクセレンス(東京EX)
  • 所属リーグ:B3.LEAGUE
  • 創設年:2012年
  • 本拠地:東京都板橋区(2021年7月1日より横浜市)
  • アリーナ:板橋区立小豆沢体育館(2021年7月1日より横浜武道館)
  • チームカラー:グリーン・オレンジ
  • 運営法人:株式会社TE・S
  • 代表者:向井昇
  • ヘッドコーチ:石田剛規
  • 優勝歴:
    NBDL 3回(2013-14,2014-15,2015-16)
    B3:1回(2018-19)

 

クラブコメント

スポーツが非常に盛んな横浜市において<プロクラブとしていかに貢献できるのか?>を意識し今後活動して参ります。
また関内関外エリアの再開発プロジェクトにおけるスポーツコンテンツとして、エリアの活性化やブランド向上の一翼を担えるよう努めて参る所存です。

クラブ創設以来、板橋区の皆様をはじめ多くの方々より頂いてまいりましたご支援、ご声援に心より感謝すると共に、2021年のシーズンから横浜市で地元の皆様と一体となりB2、B1への昇格そして優勝を目指し、また様々な形で地域貢献を目指すクラブへ更なる温かいご支援とご声援を頂けます様、宜しくお願い申し上げます。

今回の我々の申し出を受け入れて頂きました横浜市様に厚く御礼申し上げます。またご支援の表明をいただきました神奈川県バスケットボール協会様、横浜バスケットボール協会様、そして既に10年にわたり横浜市を拠点として活動をされている横浜ビー・コルセアーズ様におかれましては格別のご配慮とご理解を賜りましたことを重ねて御礼申し上げます。

 

「東京エクセレンス」公式ホームページ

 

ホームアリーナ「横浜武道館」について

  • 施設名:横浜武道館
  • 住所:神奈川県横浜市中区翁町2丁目9番地10
  • アクセス:
    JR京浜東北/根岸線・関内駅南口〜徒歩6分
    横浜市営地下鉄・伊勢佐木長者町駅〜徒歩4分

横浜市中区に「横浜武道館」7月24日に開館〜「横浜文化体育館」は9月6日閉館改修へ

2020年9月6日に閉館改修後、2024年4月にリニューアルオープンする予定の「横浜文化体育館」。 そのサブアリーナとして「横浜武道館」が「横浜文化体育館」に先立って、2020年7月24日(金)に開館 ...

続きを見る

 

中区の最新情報

 

-スポーツ
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.