横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

三渓園で日本舞踊やジャズ、琴、琵琶などを鑑賞する『観月会』を9/18から開催【横浜市中区】

横浜市の名勝庭園「三溪園」では、2021年9月18日(土)から9月23日(木・祝)まで、開園時間を21時まで延長(最終入場は20時30分)して「観月会」を開催します。
美しい月を眺めながら音楽を楽しめる、秋の夜に相応しいイベントです。ライトアップされた古建築を愛でながら夜の庭園散策も楽しめ、日替わりで開催する「リュートの演奏と日本舞踊」、「サックスとピアノ」、「筝曲」、「薩摩琵琶」、「和楽器のアンサンブル」の演奏を鑑賞でき、情緒豊かな時間と空間を堪能できます。今回は事前購入(Peatix利用)できる指定席を用意。ゆったりと演奏を楽しめます。
また、演奏会場の旧燈明寺本堂隣にある待春軒ではお食事付きの席も事前購入(Peatix利用)できます。

三渓園「観月会」について

夜空に輝く中秋の名月のもと、古建築や庭園のライトアップによる、和の情緒たっぷりのお月見を楽しめます。重要文化財 旧燈明寺本堂で日本舞踊や楽曲演奏を日替わりで開催。
とくに今年初の上演となる「リュートの演奏と日本舞踊」は、横浜みなとみらいホール プロデュースによるものです。
今年は、ゆったりと鑑賞できる指定席と、演奏会場近くの食事処「待春軒」の食事付きで鑑賞できる指定席の2種類を販売しています。Peatixでの事前予約のみとなります。当日の販売はありませんのでご注意ください。

また、プレミアムツアーとしてミシュラン2つ星の横浜の懐石料理店「真砂茶寮」による月 待ち懐石と題した特別料理と「観月」を意図して構想された内苑の庭園ガイドツアー、そして伏見城の遺構とされる内部通常非公開の重要文化財・月華殿での呈茶をセットにして観月会の鑑賞とともに「三溪園の月」を堪能できます。

 

イベント概要

  • 名称:『観月会』
  • 日程:2021年9月18日(土)~9月23日(木・祝) *中秋の名月・満月9月21日
  • 時間:~21:00(20時30分まで入園できます)
  • 建物ライトアップ時間:18:00~21:00
  • 観覧範囲:夜間は立ち入りを制限する場所があります。
    ※内苑は御門までとなります。
    ※三溪記念館は入れません。
  • 会場:三溪園 外苑
  • 演奏会場:旧燈明寺本堂
  • 料金:入園料のみ(一部有料席があります)
  • 音響協力:太陽倶楽部レコーディングス
    taiyou@p01.itscom.net
  • 共催:横浜みなとみらいホール(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)

 

有料席(指定席)の申し込み

 

「プレミアムツアー」について

イベント概要

  • 名称『横浜の名園・三溪園で愉しむ、月待ちの特別懐石と観月会』
  • 日程 9月18日(土)・20日(月・祝)
  • 時間 16:00〜20:15
  • 定員 各日10名(最少催行人数5名)
  • 費用 36,500円(税込)
    ※三溪園入園料、ガイドツアー参加費、懐石料理・呈茶代を含みます。
  • 予定 16:00 三溪園鶴翔閣に集合
    ※三溪園の入口(正門・南門)にてお名前を告げていただき、入園いただきます。
  • 内容:
    ・鶴翔閣楽室にてミシュラン2つ星「真砂茶寮」による月待ちの特別懐石のお食事
    ・「観月」をテーマとしたガイドツアー(職員による解説)
    ・重要文化財・月華殿(内部通常非公開)の特別見学と呈茶(原三溪ゆかりの菓子付き) 18:30 観月会鑑賞
    ※旧燈明寺本堂を会場に上演する「和洋邂逅 リュートが奏でる、月下の舞」では、特別席を用意します。(開演 19:00 終演 20:15)
    ※鑑賞席は屋外となります。雨天の場合の会場変更はありません。
    ※観月会ご案内後、自由散開となります。

 

演奏スケジュール

9月18日(土)・20日(月・祝) 19:00 ~ 20:15

和洋邂逅《リュートが奏でる、月下の舞》
出演:金子 浩(リュート演奏) 藤間 翔央(踊り手) 藤間 恵都子(日本舞踊振付)
共催:横浜みなとみらいホール(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
「観月」に相応しい情緒豊かな楽曲を選曲、リュート演奏に創作日本舞踊が加わり「月と古き堂」の舞台で神秘的な風情を醸し出します。
中秋の名月を楽しむ「観月会」は、風情ある日本人の独特の習わしです。
三溪園が毎年開催している今年の「観月会」で、豊かな自然に囲まれた「歴史的な建造 物」、中世からヨーロッパの人々に愛された「リュート」、日本古来の伝統芸術である「日本舞踊」、これら東西の古くから伝わる文化を融合させ、会に相応しい情緒豊かなコンテ ンツを生み出します。
三溪園と横浜みなとみらいホールが連携し、新しい視点での魅力的な芸術作品を発信することで、地域の魅力づくり及び神奈川の文化振興に寄与いたします。

9月19日(日) 18:15 ~ 20:15

箏曲
出演:琴美会(ことみかい)
1982年に生田流宮城社師範 寺井恵子が琴・三味線教室として発足し、現在、生田流宮 城社師範 大江美恵、寺井奈美とともに会員の指導にあたる。毎年定期演奏会を開催する他、横浜市の「磯子区文化協会邦楽部演奏会」に出演。「横浜三溪園 四季の催事」、 豪華客船「飛鳥」出航セレモニー、介護施設でのコンサートなどさまざまな企業、学校、横浜市などが主催するイベントやレセプションで数多くの出張演奏を行っている。

9月21日(火) 18:20~18:50/19:00~19:30/19:40~20:10

サックスとピアノで奏でる日本の唄~世界の唄
出演:シャンティドラゴン 金剛 督(サックス) 林 あけみ(ピアノ)
1994 年結成。クラシック、ジャズ、童謡、映画音楽、オリジナル、シャンティドラゴン独自の アレンジ曲をレパートリーとし、横浜、都内を中心に各地ホール、ライブハウスや学校で演奏活動を行っている。山手芸術祭、横浜ジャズプロムナード、横浜アートLIVE 他、音楽 祭にも多数参加。書、舞踊、朗読、声明とのコラボレーションも多い。病院、児童養護施 設、障害者施設でのボランティア演奏も積極的に行っている。
金剛督は97 年ジャズライフ誌にて最優秀新人に選出される。
2018 年6 枚目のCD「星のかけら」 かたりよみとおんがくをリリース。

9月22日(水) 18:15 ~ 20:15

薩摩琵琶
出演:薩摩琵琶錦心流中谷派襄水会(さつまびわきんしんりゅうなかたにはじょうすいか い)
代表 荒井姿水。6 歳より父・中谷襄水に琵琶の手ほどきをうけ、後、松田静水に師事し古典を学ぶ。NHK 邦楽技能者育成会第13期に入学、杵屋正邦(きねやせいほう)に現代邦楽を学ぶ。1980年日本琵琶楽協会主催コンクール第1位入賞、文部大臣奨励賞、 NHK会長賞を受賞。中谷襄水没後、薩摩琵琶錦心流中谷派襄水会を設立、現在に至 る。国内外で活躍、円熟された世界観を持つ奏者として高い評価を受けている。

9月23日(木・祝) 18:15 ~ 20:15

横浜和楽器アンサンブル
出演:アトリエ筝こだま(あとりえ こと こだま)
代表 児玉寛子。生田流教授。NHK 邦楽技能者育成会卒業。NHK・FM などの放送番組 や福祉施設で演奏を行うほか、米海軍横須賀基地や小学校などで定期演奏会(指導)を行い多くの人々に箏の魅力を伝えられるよう活動している。
国際交流行事や海外での演奏経験も豊富。現代にかなった発展的な音楽を、流派にとらわれず自由に、箏が特殊なモノではなく多くの人々を楽しませるものであるよう、箏の持つ魅力を探求している。

 

「三渓園」公式サイト

 

中区の最新情報

 

-芸術・音楽
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.