横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

9/26-みなとみらい線各駅で現代アートの展示・パフォーマンス〜ラッピング電車も運行【横浜市】

横浜市と横浜高速鉄道は、2020年9月26日(土)から10月11日(日)までの16日間、「ヨコハマトリエンナーレ2020」の連携プログラムとして、みなとみらい線各駅を舞台にした現代アートの展示・パフォーマンス「Creative Railway」を実施します。
実施に先駆けて、8月30日(日)からは、ラッピング電車も運行。
このイベント、「Creative Railway」の詳細について調べました。

「Creative Railway」について

イベントコンセプト

「Creative Railway‐みなとみらい線でつながる駅アート」は、横浜都心臨海部を走り、駅舎自体のデザイン性が高いみなとみらい線の各駅やその周辺において、現代アートの展示・パフォーマンスを行うものです。
横浜市では、創造性を活かしたまちづくりを進めるため、都心臨海部の歴史的建造物や公共空間等を活用し、多彩なアート活動を展開する創造界隈拠点を運営しています。
「Creative Railway」では、創造界隈拠点がみなとみらい線各駅で現代アートの展示やパフォーマンスを通してアートに触れる機会を創出するとともに、横浜らしい優れた文化芸術を発信します。

 

イベント概要

  • 期間:2020(令和2)年9月26日(土)~10月11日(日)(16日間)
  • 会場:みなとみらい線 新高島駅から元町・中華街駅の各駅構内とその周辺
  • 主催:横浜市、横浜高速鉄道株式会社、創造界隈拠点
  • 内容:駅構内及び周辺におけるアートの展示やパフォーマンス、ラッピング電車の運行、企画乗車券の発売など

 

公式ホームページ

 

現代アートのラッピング電車を特別運行

「Creative Railway」の実施に先駆けて、8月30日(日)から、アーティストの飯川雄大氏による《デコレータークラブ‐ピンクの猫の小林さん‐》を、8両編成のうち、4両の車体にデザインしたラッピング電車を運行します。
また、その他の4両には「ヨコハマトリエンナーレ2020」のイメージビジュアルを用いています。

 

ラッピング電車概要

  • アーティスト:飯川雄大(ヨコハマトリエンナーレ2020参加アーティスト)
  • 運行期間:2020年8月30日(日)~10月11日(日)
    ※運行期間は検査、運用等の都合により変更の場合あり
  • 運行区間:最長、元町・中華街駅〜飯能駅
  • 運行線区:みなとみらい線、東急東横線、東京メトロ副都心線、西武有楽町線・池袋線・狭山線、東武東上線
  • 使用車両:横浜高速鉄道Y500系(1編成)

※その他のプログラムは、8月末に公開予定です。詳細情報は随時追加掲載します。

 

横浜市記者発表資料

 

「ヨコハマトリエンナーレ2020」について

「ヨコハマトリエンナーレ2020」の詳細記事はこちらに掲載しています。

【ヨコハマトリエンナーレ2020】7月17日から開幕〜チケットは日時指定の予約制に

2020年6月3日、横浜市は、現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」を7月17日からの開催を決定する、と発表しました。 今年は新型コロナ感染対策のため、開催期間は2週間短縮され、7月17日 ...

続きを見る

 

-交通情報, 横浜市, 芸術・音楽
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.