横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

クックパッド、生鮮商品の宅配ボックスを5月4日より市営地下鉄の11駅に追加設置【横浜市】

クックパッド株式会社は、横浜市営地下鉄の11駅で新たに生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置し、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取りサービスを2022年5月4日より順次開始します。
以下、このサービスの詳細についてまとめました。

生鮮宅配ボックス「マートステーション」について

このサービスは、クックパッドと横浜市が2020年11月に締結した連携協定に基づき、横浜市及び横浜市営地下鉄沿線地域の利便性向上と、食を通じた地域活性化を目指して、横浜市交通局と連携して行うものです。

 

連携の背景

クックパッドは「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げる、料理とテクノロジーの会社です。国内で月間約5,600万人が利用する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」や、生鮮食品EC「クックパッドマート」などの運営を通じて、ヒト、社会、地球の豊かな未来を目指しています。

クックパッドマートは2019年より、横浜市でのサービス提供を開始しました。現在、生鮮宅配ボックス「マートステーション」は、横浜市内のコンビニエンスストアやドラッグストア、商業施設、駅、マンションなどに150カ所以上に設置され、多くユーザーに利用されています。

2020年11月には横浜市と連携協定を締結し、生活者の利便性向上、生産者・販売者の販売促進支援、PRなどの取り組みを共同で行い始め、2021年6月からは横浜市交通局との連携を開始。横浜市営地下鉄の3駅(横浜市営地下鉄センター南駅、センター北駅、戸塚駅)にマートステーションを設置し、クックパッドマートの商品受け取りサービスを提供し始めました。
その後、他駅での追加設置を検討するに至り、設備要件のほか、各駅の利用者からのリクエスト等を加味して、新たに11駅で追加設置されることになりました。

 

サービス開始日

  • 2022年5月4日:阪東橋駅、あざみ野駅
  • 2022年5月中旬より順次:三ッ沢上町駅、横浜駅、関内駅、片倉町駅、吉野町駅、舞岡駅、中田駅、中山駅、日吉駅

 

生鮮食品EC「クックパッドマート」について

食のつくり手と消費者をつなげる生鮮食品ECプラットフォームとして2018年9月より提供開始。
地域の生産者、卸売市場の仲卸、商店街の専門店、飲食店や惣菜店など、1,000店を超える出店者が販売する約1万5千種類の商品を、1品から送料無料で購入できます。
商品は店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に届けられ、好きな時間に受け取れます。「マートステーション」は現在、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のコンビニエンスストアやドラッグストア、駅構内、商業施設、マンションなど700カ所以上から選べます。

 

「クックパッドマート」公式WEBサイト

 

横浜市の最新情報

 

-店舗・サービス情報
-, ,

Copyright© AO Navi , 2022 All Rights Reserved.