横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【神奈川県】LINEによる「コロナお知らせシステム」の運用を開始〜登録と利用方法

神奈川県は、LINEアカウントを利用して、登録者の状態に合わせた新型コロナウイルスに関する情報をお知らせするサービス「LINEコロナお知らせシステム」の利用を開始しました。
このシステムの利用により、感染拡大傾向や医療体制の逼迫といった状況悪化を早期検知するとともに、利用者には新型コロナウイルスに関する最新情報を知らせ、警戒アラートの発動にも役立つとしています。
以下、「LINEコロナお知らせシステム」の詳しい内容と、利用方法についてを紹介します。

「LINEコロナお知らせシステム」とは

「LINEコロナお知らせシステム」は、LINEを使って濃厚接触者へのフォローアップ通知を行うためのシステムです。
利用者が店舗等に設置されたQRコードを読み取って神奈川県LINEパーソナルサポートに情報登録し、もしその店で感染者が発生した場合、保健所を通じて発生報告を受けた神奈川県が、濃厚接触の疑いがある人にLINEで通知するというものです。

 

登録するメリット

  • 訪れた店舗やイベント等を感染者が同時期に利用していた場合、利用者へお知らせが届きます
  • お知らせを受けとった方で、体調が悪くなった場合はメッセージに記載された連絡先に電話することで、スムーズな対応が受けられます

登録・活用方法

  1. 事前に神奈川県のLINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」(別ウィンドウで開きます)を登録しておきます。
    (店舗でQRコードを読み込むことでも登録できます。)
    ≫ 神奈川県LINE公式アカウントからの登録はこちら
  2. 訪れた店舗・イベント会場等に掲示されたQRコードをスマホで読み取ります。
  3. 訪れた場所を感染者が同時期に利用したことが判明した場合に、お知らせするメッセージが届きます。
  4. 体調が悪化した場合はメッセージに記載された連絡先に連絡します。

注意事項

  • QRコードは場所ごとに異なりますので、最初だけでなく、各場所毎に読み込む必要があります。
  • 同じ場所であっても、訪問するたびに読み込む必要があります。(読み込んだ日時が重要)
  • このシステムで利用者の氏名、住所、電話番号、GPS位置情報を取得・利用しません。
  • 神奈川県が利用者の来店履歴を閲覧・利用することはありません。

 

「LINEコロナお知らせシステム」の利用方法

このボタンから神奈川県LINE公式アカウントの「友だち追加」を行います。

LINEアカウントの友だち追加ボタン

機能・画面イメージ

個人の状態に合わせた情報提供

体調や年齢、持病などを入力すると、利用者の状態に合わせた情報が提供されます。
相談センターへの連絡の必要性、利用者に必要な対策や最新の情報などが届きます。

LINEの画面1

チャットボットによるお問合せ対応

新型コロナウイルスに関する質問を入力すると、自動で回答が返ってきます。

LINEの画面2

 

「LINEコロナお知らせシステム」ホームページ(神奈川県)

県民・利用者向けの説明ページ

事業者向けの説明ページ

事業者(店舗運営者・施設管理者・イベント主催者等)向けの参加説明ページです。

 

【神奈川県】緊急事態宣言解除後の対応「神奈川ビジョン」を発表〜再自粛の警戒基準も

2020年5月20日、神奈川県は、緊急事態宣言が解除された後の県の対応について、「神奈川ビジョン」とした独自の取り組みを発表しました。 「神奈川ビジョン」は、解除された後に県内で新型コロナウイルスの感 ...

続きを見る

 

-新型コロナウィルス, 神奈川県
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.