横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市青葉区】藤が丘駅前の整備案公表〜昭和大病院とショッピングセンターの建替検討

横浜市都市整備局は、藤が丘駅北側約6haの再整備に関する基本的な考え方を示した「藤が丘駅前地区再整備基本計画」(素案)が発表されました。
素案は横浜市都市整備局と東急株式会社、昭和大学が取りまとめたもので、この素案によると、藤が丘病院の再整備や都市公園の再配置、藤が丘ショッピングセンターの建て替えなどが検討されています。
この素案について、詳しく調べてみました。

再整備計画案

藤が丘駅前の再整備計画の概要

タウンニュースの記事から引用します。

再整備の目標として「オープンスペース、病院、駅前の商業等が連携した、藤が丘らしい駅前拠点の形成」を掲げている。
また、基本方針に「藤が丘を象徴する公園・病院の一体整備と緑豊かなホッとする居場所づくり」「安全で快適な駅前交通環境の形成」「安心で健康なまちのモデルとなる駅前の機能集積と地域連携」の3点を示している。

これら目標や方針を基に街区を3つに分けて土地利用等の方針を示している。

「公園・病院街区」は、建物・設備の老朽化が進んでいる昭和大学藤が丘病院を再整備する。
公園敷地と病院敷地を合わせて大街区化し、西側(交通広場側)に病院を建て替える。
医療の高度化に対し、現在は面積や空間が不足していることから、土地の高度利用(容積率400%・高さ60mを上限)を図るとしている。
建て替え期間中は現在の病院を残し、病院機能は維持される。

公園は北東側へ再配置されるが、病院と公園の一体整備により、緑溢れる空間とする。
そのほか、市営藤が丘自転車駐車場は廃止となり、街区内に新しく同規模以上の公共駐輪場を整備。
また、工事期間中は仮設の駐輪場を確保する。

「駅前街区」は、老朽化した藤が丘ショッピングセンターの建て替えを検討。
土地の高度利用(容積率400%・高さ45mを上限)を図り、低層部に生活利便施設を配置するほか、居住機能を確保するとしている。
駅前の顔となる交通広場は一般車の乗降スペース等の機能を加えた改修を検討するほか、駅前と公園・病院街区をつなぐ歩行者デッキも整備する。

谷本公園周辺プロムナードなど「沿道街区」は、駅前にふさわしい都市機能の集積を図るほか、魅力的で賑わいのある都市空間を形成する。

 

記事のポイントを要約すると、

  • 昭和大学藤が丘病院の建て替え
    土地の高度利用を図る(高さ60m)
  • 公園敷地と昭和大学藤が丘病院を合わせて大街区化
  • 自転車駐車場は廃止
  • 藤が丘ショッピングセンターの建て替え
    土地の高度利用を図る(高さ45m)
    居住機能も確保
  • 駅前と公園・病院街区をつなぐ歩行者デッキを整備
  • 沿道街区も再整備

という内容です。
かなり大掛かりな整備事業になるようですね。
以下、「藤が丘駅前地区再整備基本計画(素案)」から詳細な情報をピックアップします。

 

対象範囲

整備の対象となる策定範囲は、上地図の約6ha の区域です。

 

建築物等の整備方針

再整備の基本方針(素案より)

  • 緑・オープンスペース: 藤が丘を象徴する公園・病院の一体整備と緑豊かなホッとする居場所づくり
  • 道路・交通:安全で快適な駅前交通環境の形成
  • にぎわい・安心:安心で健康なまちのモデルとなる駅前の機能集積と地域連携を基本方針に、「公園・病院街区」「駅前街区」「沿道街区」の3つの街区を設定します。

 

公園・病院街区

北東側より

  • 病院機能の継続、高度急性期医療に対応した適切な規模の建物内の空間を確保するため、⼟地の⾼度利用(容積率 400%・高さ 60mを上限)を図る
  • 災害拠点病院として災害時の業務継続が可能な高い防災性を備えた施設を整備
  • 省エネルギー性の高い設計を検討
  • にぎわい軸に面した建物低層部には生活利便施設等を整備
  • 駐車場、公共駐輪場、生活利便施設等からなる複合施設を病院に付属して整備
  • 公共駐輪場は現状台数以上を確保。また、昇降機能や病院敷地内の広場内に通行機能を確保するなど、駐輪場から駅方面への動線を確保

駅前街区

南西側より

  • 今後の藤が丘駅周辺の持続可能な成長に寄与するよう、多世代向けの住宅の導入とともに交通広場、プロムナードに面する建物低層部に生活利便機能や文化・地域交流機能を導入し、新たな駅前の顔として建替えによる高度利用(容積率 400%・高さ 45mを上限)を検討
  • 土地の高度利用にあたっては、ホッとする空間や歩行者の安全確保のための空間等、潤いある多様なオープンスペースを確保しつつ、歩行者デッキにつながる歩行者ネットワークの形成を図る
  • 建物の計画にあたっては、バリアフリーおよび防犯性に配慮した設計とするとともに、省エネルギー性能に配慮した計画を検討

沿道街区

  • 建物の1階部分については、誘導すべき用途を定め、既存の商店会のにぎわい機能の維持・向上
  • 利便性向上を目指しながら、にぎわい軸の良好な景観やにぎわいづくりに配慮した共同化・建替えを誘導

 

今後の事業スケジュール

2020年度

  • 藤が丘駅前地区再整備基本計画(素案)
    意見募集(〜6/5まで)
  • 藤が丘駅前地区再整備基本計画(原案)
    意見募集
  • 藤が丘駅前地区再整備基本計画(確定)
    事業者説明会
    都市計画素案説明会
    都市計画審議会

2022年度〜(予定)

  • 具体的な事業の実施

藤が丘駅前地区再整備基本計画(素案)の意見募集は、2020年6月5日(金)まで行われています。
また、原案についても意見募集が行われるようなので、関心がある方はぜひ市のホームページをチェックして見てください。

 

藤が丘駅前地区再整備基本計画 (素案)

 

青葉区の最新情報

 

-横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.