横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

新横浜付近の環状2号は走行注意!〜連続道路陥没事故の発生場所はここ

2020年6月30日、横浜市港北区大豆戸町付近で、道路がおよそ6メートルにわたって陥没したというニュースがありました。
この付近では、12日にも約300メートル離れた場所で陥没事故があったばかりでした。
周辺の地下では、相鉄・東急直通線のトンネル工事が行われているということです。
付近を通行する際には注意してください。

6月12日の道路陥没地点

神奈川県横浜市港北区大豆戸町718

こちらはもうほぼ復旧。

 

6月30日の道路陥没地点

神奈川県横浜市港北区大豆戸町466 バーミヤン新横浜店前

 

こちらは現在復旧中ですが、付近の走行は注意が必要です。

 

原因は相鉄・東急直通線のトンネル工事?

付近で行われている相鉄・東急直通線のトンネル工事との関連について、現在土木事務所が陥没との関連を調べているという事です。

赤いラインが、新横浜と新綱島(仮称)を結ぶ「新横浜トンネル」の工事区間。
2つの陥没事故は、ちょうどこのライン上で起こっていることがよくわかります。
環状2号はちょうどトンネル工事の真上を走っているので、原因がわかるまでは走行には注意が必要ですね。

 

陥没事故で話題に〜2022年度開通予定の「相鉄・東急直通線」完成後のメリットは?

横浜市港北区大豆戸町付近の環状2号線において、6月12日と30日に相次いで道路が大きく陥没する事故があり、真下の地下で工事が行われていた「相鉄・東急直通線」のトンネル工事の影響があったことが、7月末に ...

続きを見る

港北区の最新情報

 

-工事・通行止め
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.