横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

そごう横浜店のいちごフェアでイチゴスイーツ専門店「ICHIBIKO」 期間限定出店【横浜市西区】

出典:ICHIBIKO

そごう横浜店では1月25日(月)までの期間、地下2階・和洋菓子売場にて「甘酸っぱい、いちごフェア2021」を開催しています。
1月19日(火)からは、いちごだらけのスイーツで有名なイチゴスイーツ専門店「ICHIBIKO(いちびこ)」がそごう横浜店に期間限定で出店します。
以下、このイベントの詳細についてまとめました。

そごう横浜店「いちごフェア2021」について

概要

  • 会期:2021年1月19日(火)~25日(月)
  • 会場:そごう横浜店 地下2階=中央催事 特設会場

 

「ICHIBIKO(いちびこ)」について

「ICHIBIKO(いちびこ)」は、ミガキイチゴを栽培する農業生産法人GRAのイチゴスイーツ専門店。自社農場で獲れた完熟のミガキイチゴをはじめ、旬のイチゴを使ったスイーツは、その美味しさだけでなく、かわいくて、映えるイチゴスイーツとして話題となっています。
「いちごフェア2021」の会期中は、生ケーキや焼き菓子をはじめ、「ミガキイチゴ」そのものの販売も予定しています。

 

商品例

ミガキイチゴ

ミガキイチゴは「食べる宝石」をコンセプトとして生産された、最高の一口のための 「磨きぬかれたイチゴ」です。
2011年に宮城県山元町で誕生したミガキイチゴは、複数品種のイチゴの統一ブランドとして、品種ではなく栽培法・選果基準による果実の違いをブランド化したもの。
イチゴにとって最も良い環境で育てられ、完熟で摘みとられたイチゴは、香り、甘さと酸味のバランス、ジューシーさと美しい形が特徴です。

ICHIBIKOいちごミルクのもと

  • 1本 1,296円
  • ICHIBIKOの人気No.1メニュー「いちびこミルク」がおうちで味わえる濃縮タイプのいちごミルクのもとです。 ICHIBIKO特製いちごミルクのもとの、濃縮タイプの瓶詰です。
    好みで4~5倍を目安に牛乳と混ぜるだけで手軽においしいいちごミルクが出来上がります。

いちごのショートケーキ

  • 1個 702円
  • そのまま食べても甘酸っぱくてジューシーな農場直送の完熟つみたていちごをたっぷり使って仕上げたショートケーキ。
    甘さ控えめの生クリームときめ細やかなくちどけの良いスポンジ生地が主役のいちごの甘酸っぱさを引き立てます。

いちごのプリン

  • 1個 432円
  • 濃厚とろけるプリンに、自家製のミガキイチゴジャムをのせています。

とっておき いちごバターサンド

  • 4個入、1箱 1,080円、
  • 8個入、1箱  2,160円
  • イタリアンメレンゲを使った口どけのよいストロベリークリームと、はイタリアンメレンゲを使った口どけのよいストロベリークリームと、はみ出るほどごろっと入ったいちごの実を、国産バターを使って焼き上げたサブレで丁寧にサンドしています。

とっておき いちごフィナンシェ

  • 4個入、1箱 864円
  • 8個入、1箱 1,728円
  • いちごの実をごろっと閉じこめて、国産バターと薫り高いアーモンドパウダー、ストロベリーソースを加えてしっとりとコクのある味わいに焼き上げています。
    見た目にも楽しいいちごのフィナンシェ。

その他

  • いちごのタルト  1個    756円
  • いちごサンド  1個  486円
  • いちごのホワイトチョコムース 1個 648円
  • いちびこジャム  1個 1,512円
  • いちごのクッキー 1袋   777円
  • うさぎのしっぽ 1袋    810円
  • ミガキイチゴ  (レギュラー、1パック) 972円

 

「そごう横浜店」について

住所/アクセス

  • 住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1
  • アクセス:JR横浜駅 中央北改札から東口へ徒歩約3分

 

「そごう横浜店」公式ホームページ

 

60ブランド集結「バレンタインチョコレートパラダイス」そごう横浜店で1/26~開催【横浜市西区】

そごう横浜店では、2021年1月26日(火)から2月14日(日)までチョコレートの祭典「バレンタイン ヨコハマ チョコレート パラダイス」を開催します。 会場には、ジャン=ポール・エヴァン、ル・ショコ ...

続きを見る

西区の最新情報

 

-フード・スイーツ
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.