横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

青葉台郵便局プロジェクトの名称が「スプラス青葉台」に決定〜開業は7/4から【横浜市青葉区】

青葉台郵便局の空き区画を活用した新たな地域交流拠点「青葉台郵便局プロジェクト」の施設名称が「スプラス青葉台」に決定しました。
なお、開業予定は2021年7月4日(日)です。
以下、「スプラス青葉台」の詳細についてまとめました。

青葉台郵便局プロジェクト「スプラス青葉台」について

施設名称の「スプラス」は、青葉台の「青葉」のイメージから芽生えを意味する「sprout(スプラウト)」と、さまざまな人が出会うことで新しいことが生まれ、新しい自分の発見や自己実現につながるなど地域の方々の「プラス」になる拠点でありたい、という思いを込めています。

この施設での取り組みを通じ、田園都市線沿線エリアの郊外住宅地における「住む」、「働く・活動する」が融合した新たなライフスタイルの実現を推進し、青葉台郵便局建物の2~3階をリノベーションするものです。
2階部分はコミュニティ形成・運営ノウハウをもつYADOKARIに運営を委託することで、より活発なコミュニティの醸成を推進します。

 

施設概要

2階

  • コミュニティラウンジ:地域の方々の活動・交流の拠点となる有料会員制ラウンジ(1名3,300円/月)。
    展示棚をきっかけとした利用者間のコミュニケーションを生み出す仕組みを導入(展示棚貸出サービス1,100円/月)
  • ワークラウンジ:利用シーンに合わせたプランを選択ができる個人向けのシェアオフィス(月単位の会員制や1日利用などのプランあり)。
  • イベントスペース:各種イベント利用や、セミナー、ワークショップなどのスペース利用が可能(5,500円/1時間)。

 

3階

  • 小規模オフィス:地域との交流や駅に近接するオフィスを希望する企業がメインターゲット。
    入居企業には2階コミュニティラウンジ、ワークラウンジの会員権付与。2階エリアとの連携イベントなどを実施予定。
    (10区画、17.77㎡~68.95㎡)
  • その他、施設の会員を対象とした地域店舗との提携サービスを予定しています。

 

「スプラス青葉台」公式ホームページ

 

2021年夏開業「青葉台郵便局プロジェクト」横浜美術大と連携で壁画アート完成【横浜市青葉区】

東急と横浜美術大学が連携し、2021年1月22日より実施されていた地域交流拠点「青葉台郵便局プロジェクト」外壁の壁画アート制作が4月5日に完成しました。 以下、詳細についてまとめました。 「青葉台郵便 ...

続きを見る

東急、青葉台に新たな地域交流拠点「青葉台郵便局プロジェクト」4月上旬開業【横浜市青葉区】

東急は、横浜市と取り組む次世代郊外まちづくり「コミュニティ・リビング」の推進に向けて、青葉台駅前の青葉台郵便局の空き区画を活用した地域交流拠点「青葉台郵便局プロジェクト」を2021年4月上旬に開業する ...

続きを見る

青葉区の最新情報

 

-公園・文化施設, 開店・閉店
-

Copyright© AO Navi , 2021 All Rights Reserved.