横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

横浜市、赤レンガ倉庫「鍋小屋2022」に横浜市中央卸売市場直送の「海鮮食堂」をオープン

横浜赤レンガ倉庫では、2022年1月8日(土)から2月6日(日)までの30日間、日本各地のご当地鍋や地酒などが堪能できる冬の恒例イベント『鍋小屋2022』を開催します。このイベントで横浜市中央卸売市場は、市場プロモーションの取組として、横浜赤レンガ倉庫と連携し、『鍋小屋 2022』内の「海鮮食堂」に、市場から選りすぐりの新鮮な食材を提供します。
以下、この「海鮮食堂」の詳細についてまとめました。

「海鮮食堂」について

「海鮮食堂」では、天然鯛を中心とした魚の骨をじっくり煮込んでとった出汁と目利きのプロである仲卸が厳選した旬の魚を合わせた「漁師鍋」をはじめ、目の前で調理する出来立て熱々の魚介類一品料理を楽しめます。
また、SDGsの取組の一環として、サイズが不揃いだったり漁獲量が少なくロットがまとまらなかったりといった理由で、市場に通常入荷しない相模湾産のサバを、特別に「サバフライ定食」として提供します。

漁師鍋

サバフライ

 

「鍋小屋2022」開催概要

  • 開催期間:2022年1月8日(土)~2月6日(日)
    平 日:12:00~21:00(L.O 20:30)
    土日祝:11:00~21:00(L.O 20:30)
  • 開催場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場特設テント(神奈川県横浜市中区新港 1-1)
  • 入場料:無料(飲食・物販代は別途)
  • 主催:横浜赤レンガ倉庫

 

「鍋小屋2022」公式ホームページ

 

横浜市記者発表資料

 

中区の最新情報

 

-フード・スイーツ
-,

Copyright© AO Navi , 2022 All Rights Reserved.