横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市】新型コロナワクチンの小児接種について【2022年2月10日発表】

神奈川県への「まん延防止等重点措置」適用期間の延長決定に伴い、横浜市は2022年2月10日、横浜市新型コロナウイルス対策本部 本部運営チーム会議を開催し、2022年3月6日までの横浜市の対応について決定しました。
以下、市の対応について詳細をまとめました。

新型コロナワクチンの小児接種について

小児(5歳から11歳)の新型コロナワクチンの接種に用いるワクチンとして、 ファイザー社のワクチンが2022年1月21日に特例承認されました。
また、厚生労働省から各自治体に対して、小児への接種体制について準備を進める旨の事務連絡(1月27日付)が発出されたことをふまえ、横浜市では次の通り新型コロナウイルスワクチンの小児接種を進めます。
なお、小児接種の予防接種法上の位置づけは、今後国の分科会の議論を踏まえて決定される見通しです。
小児接種開始当初は、ワクチン供給量が限られていることから、基礎疾患のある方から優先接種期間を設けることとし、その後年齢順に、接種ができるよう接種体制を構築します。

 

接種の概要

  1. 対象年齢及び市内対象者数:
    5歳~11 歳(約21万人(約42万回))※2回接種
  2. 開始時期:
    2022年3月7日(月)以降
  3. 使用するワクチン等:
    ファイザー社製 コミナティ筋注 5~11 歳用
    ※12歳以上の方向けのワクチンとは用法・用量が異なる製剤のワクチンです
  4. 接種体制について:
    小児科を中心とした個別医療機関で実施 ※2022年1月31日現在で 335機関

 

個別通知(接種券含む)の発送(対象者・スケジュール)

今回の発送分

  1. 対象者
    2021年度中に5歳~11 歳になる方(約 21 万人)
  2. 発送予定日
    2022年3月4日(金)
  3. 優先予約期間(対象:基礎疾患のある方)
区分(年齢は予約開始時点) 医療機関への予約開始の目安
基礎疾患のある方(※) 手元に個別通知が届いてから2022年3月18日(金)まで
※同封の接種券を使ってすぐに予約の申し込みができます。
10歳~11歳の方 2022年3月19日(土)以降
7歳~9歳の方 2022年3月26日(土)以降
5歳~6歳の方 2022年4月1日(金)以降

2回目以降の発送分

2022年4月以降に新たに5歳になる方については、誕生日を迎える前月末に発送し、手元に届き次第予約可能です。

 

 接種場所及び予約方法

接種場所

小児科を中心とした個別医療機関で接種します。
医療機関名簿(区別)は2022年3月上旬に市ウェブサイトに掲載します。

予約方法

医療機関で直接予約を受け付けます。
※一部医療機関では、市の予約専用サイト(Web)や予約センター(電話)により、予約を受け付ける場合があります。

 

今後のスケジュール(予定)

時期 内容
3月4日(金) 個別通知(接種券)発送
※手元に届くのは3月7日以降です
3月7日(月)以降 一部医療機関にて接種開始
※ワクチン供給のあった医療機関から順次接種を開始
します。
手元に届いてから
3月18日(金)まで
基礎疾患のある方(5~11歳)の優先接種
※基礎疾患のある方は、接種券が届き次第、接種可能
3月19日(土)以降 10~11歳の方の予約開始
3月26日(土)以降 7~9歳の予約開始
4月1日(金)以降 5~6歳の予約開始

 

横浜市記者発表資料

 

横浜市の最新情報

 

-新型コロナ関連情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2022 All Rights Reserved.