横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【2020.6.25オープン】北仲ブリック&ホワイトのシェアオフィス「ニサンカイ」に行ってきた

2020年6月25日に、オープンが延期中だった商業・文化施設「KITANAKA BRICK&WHITE(北仲ブリック&ホワイト)」がようやく開業しました。
馬車道駅とは直結通路を設置し、徒歩1分の距離にあるこの施設には、19店舗のテナントが入っています。
北仲ブリックのサウス棟は、2014年に横浜市の指定有形文化財に指定された歴史的建造物を再利用したシェアオフィス「ニサンカイ」として新たにオープンしました。
そこでこのシェアオフィス「ニサンカイ」を見に行ってきました。

文化財シェアオフィス「ニサンカイ」に行ってきた

北仲ブリックのサウス棟は、貴重な歴史的建造物として現状保存された旧帝蚕倉庫事務所。
1926年に建てらた当時のままの状態で利用することができる、貴重な場所です。
建物の2Fと3Fがオフィスになります。

 

1F(エントランス)

写真をクリックすると、スライドショーになります。

復元建築のノース棟よりも年季が感じられる外壁が、保存建築を物語っています。
歴史的文化財で働ける貴重なチャンスです。

 

2F(オフィス)

倉庫をそのまま大きく改装することなく、木製のブースを設置してオープンな雰囲気を作り出しています。
多様な業種が、交流を通じて新たな創造へと繋がるクリエイトな空間です。

ブースは先着順による固定形式。
広さによって3種類の価格帯が設定されています。

木製のブースは、自分の好みに応じて自由にペイントや工作ができるそうです。
退去時にも現状復帰はしないでいいとのこと。
最初に入居した人は、ゼロから好みの空間を作ることができますね。

2Fには中央に工作台や交流スペースが設けられています。
個室も4部屋ありますが、現在は全て契約済だそうです。

またブース別にポストがあるので、オフィス宛への郵便物も受取りが可能です。

 

BRICK NORTHは復元建築
オープン直後の北仲ブリック&ホワイトに行ってみた【2020年6月25日】

2020年6月25日に、オープンが延期中だった商業・文化施設「KITANAKA BRICK&WHITE(北仲ブリック&ホワイト)」がようやく開業しました。 馬車道駅とは直結通路を設置し、徒歩1分の距離 ...

続きを見る

 

3F(オフィス)

3Fには、パブリックスペースが設置されています。
パブリックスペースは、会員以外の方も出入り自由ですので、打ち合わせなどに使うことができます。

ブースの天井が編みになっているブースも設定。
レイアウトアレンジの自由度が広がりますね。

ブースには椅子は設置されていませんので(写真はイメージ用に設置)、自分で購入することになります。

 

「ニサンカイ」の申込方法や利用料金はこちら

シェアオフィス「ニサンカイ」の申し込みや利用料金はこちらにまとめていますので、ご覧ください。
現在、見学会も行なっていますので、自由にオフィス内を見ることができます。

6/25オープン「北仲B&W」内のシェアオフィス「ニサンカイ」〜申込方法や料金は?

2020年6月25日、みなとみらい線「馬車道」駅直結の商業・文化施設「KITANAKA BRICK&WHITE(北仲ブリック&ホワイト)」が開業しました。 この施設のBRICK SOUTH棟 2Fと3 ...

続きを見る

 

北仲ブリック&ホワイトとテナントの情報はこちら

馬車道駅「北仲ブリック&ホワイト」6/25日開業〜テナント一覧「ビルボードライブ横浜」も

三井不動産レジデンシャルと丸紅は、2020年4月にオープンの予定が延期中だった、みなとみらい線「馬車道」駅直結の商業・文化施設「KITANAKA BRICK&WHITE(北仲ブリック&ホワイト)」を、 ...

続きを見る

 

-開店・閉店
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.