横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

【横浜市】2021年の成人式、一転してオンラインから会場開催を発表〜反応は賛否両論

2020年7月6日、横浜市は、令和3年「成人の日」を祝うつどいについて、現段階で新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立っていないことや、式典によって感染拡大を引き起こす可能性が否定できないことから、オンラインでの開催を発表していました。
ところが2020年7月16日に、「感染防止対策を講じ、3密を避けるかたちで、会場で開催することを判断する」と発表。
以下、現在の最新情報を掲載します。

横浜市の発表内容(7月16日)

令和3年「成人の日」を祝うつどい(以下、成人式)については、新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立っていないことなどから、特設サイト等を通じて、 お祝いメッセージ動画等を配信するオンライン成人式などに変更する旨、7月6日に記者発表いたしました。

しかしながら、新成人や保護者の皆様などから、「通常通り成人式を開催してほしい」とのお声を多くいただき、いただいたご意見に基づき再度検討した結果、 感染防止対策を講じ、3密を避けるかたちで、会場で開催することを判断いたしました。

このことについては、7月15日に市長が定例会見で発表いたしました。
会場や開催方法の詳細については、決まり次第、記者発表や本ホームページ等で公表します。

なお、今後の感染状況によっては、開催を中止する場合がございます。

引用:横浜市ホームページ

 

京都市は、「成人の日」に開催する記念式典について、2021年も新型コロナウイルス対策を講じた上で実施すると発表しており、開催の有無は、自治体のよって判断が分かれていました。
ただ多くの方の要望を反映した結果、オンライン開催を発表していた横浜市も再検討の結果、開催の方向で決定したようです。

京都市では、会場に消毒液や検温用のサーモグラフィーの設置などを検討しているようで、横浜市も開催に向けてのコロナ対策が求められそうです。

 


一転して開催を決定した判断には、様々な反応がありますね。
各関係業界の事情や駆け引きもいろいろあるようです。
新型コロナの第二波状況次第では、ひょっとしたらまた変更があるかも知れません。

 

記者発表記事(横浜市)

 

【横浜市】2021年の成人式はオンライン開催に〜SNSを取り入れた特設サイトを開設

2020年7月6日、横浜市は、令和3年「成人の日」を祝うつどいについて、現段階で新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立っていないことや、式典によって感染拡大を引き起こす可能性が否定できないことから ...

続きを見る

-お祭り・イベント情報, 横浜市
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.