横浜市と青葉区を楽しむ・役立つ生活情報サイト

AO Navi

現代アート国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」の開催概要決定〜プレ会期は8/24から

(c)Bruce Hall

3年に一度開催される“障害者”と“多様な分野のプロフェッショナル”による現代アート国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」が、今年度開催の予定です。
その「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえて全面的に見直しを行い、オンラインとリアルが融合した全く新しいプロジェクトとして開催することが決定しました。
以下、「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」の詳細について調べました。

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」について

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」は2014年に開始。横浜市の文化オリンピアードとして位置づけられ、障害のある・なしに関係なく文化芸術活動に参加したいと思う誰もが出会い、そして共に創るアートプロジェクトの先駆者として誕生しました。

東京2020開会式・閉会式のプランニングチームクリエイティブディレクターでもある栗栖良依を中心に進行していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、昨年11月に発表した内容を全面的に見直すことになりました。

今回「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」が選んだ会場は、オンラインと横浜市役所。会場に行きたくてもいけない人たちにも楽しんでもらえるよう、オンラインや映像を通じた新しい体験の提供とライブの合わせ技を展開します。

 

開催概要

  • 名称:ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020
  • 会期:
    プレ会期:8月24日(月)~
    コア会期:11月18日(水)~ 11月24日(火)
  • 場所:
    オンライン(https://paratriennale.net/2020
    横浜市役所アトリウム(神奈川県横浜市中区本町6丁目50-10)
  • 主催:横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、NPO法人スローレーベル
  • 共催:横浜市(文化観光局・健康福祉局)
  • 補助:令和2年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業
  • 協力:神奈川県遊技場協同組合・神奈川福祉事業協会、株式会社FREEing、株式会社JVCケンウッド、横浜市立みなとみらい本町小学校
  • チケット:無料 (※一部有料)
横浜市新市庁舎1-2階の商業施設「ラクシス フロント」6/29オープン〜全店開業は夏頃に

6月29日、横浜市新市庁舎の全面供用開始に伴い、1-2階フロアに商業施設「LUXS FRONT(ラクシス フロント)」がオープンします。 テナントは、フードホールの飲食店や書店、カフェ、お土産店など1 ...

続きを見る

 

主な作品について

「みんなでつくろう!井上唯のwhitescaper」

パラトリテレビでつながった全国の視聴者たちとともに、whitescaperを作ります。
約2ヶ月それぞれ異なる場所で制作したwhitescaperを1つにつなげ、インスタレーションアート作品として横浜市役所アトリウムに設置されるパラトリテレビ特設ステージに展示します。

 

「そのうち届くラブレター」

障害のある表現者と多分野のアーティストによる、読む展覧会。
人間が誰しも抱える、わかりあうことの不可能さを見据えながら、その絶望を乗り越えていく視点・姿勢をもった6人の作品に対し、8人と1組の表現者たちがそれぞれの方法で彼らの作品への応答を試みます。

  • 展示期間: 11月18日(水)〜11月24日(火)
  • 場所:本(横浜市役所で1000部無料配布)/オンライン

 

「サーカスアメーション」/「パラトリみらいサミット」

両足義足のサーカスアーティストであるエリン・ボールをはじめとした世界のサーカスアーティストと日本初のソーシャルサーカスカンパニーSLOW CIRCUS PROJECTのメンバーが、時空を超えたサーカスアニメーションの共創に挑戦します。

  • 開催日: 11月18日(水)~24日(火)
  • 場所:オンライン/横浜市役所アトリウム

 

パラトリ「フードラボ」「メディアラボ」オンラインゼミ

「食」を切り口に福祉や持続可能な社会について考え、学びあう「フードラボ」と、「伝えかた」をテーマに、多様な立場の人々と学び合う「メディアラボ」を実施します。

  • 配信期間:プレ会期~コア会期(イベントの日程はWEBサイトで随時発表)
  • 参加費:有料 (コア会期のリアルイベントのみ)

 

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020」公式ホームページ

 

障害者と多分野のプロフェッショナルが制作するニューメディア「パラトリテレビ」

 

【ヨコハマトリエンナーレ2020】7月17日から開幕〜チケットは日時指定の予約制に

2020年6月3日、横浜市は、現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」を7月17日からの開催を決定する、と発表しました。 今年は新型コロナ感染対策のため、開催期間は2週間短縮され、7月17日 ...

続きを見る

9/26-みなとみらい線各駅で現代アートの展示・パフォーマンス〜ラッピング電車も運行【横浜市】

横浜市と横浜高速鉄道は、2020年9月26日(土)から10月11日(日)までの16日間、「ヨコハマトリエンナーレ2020」の連携プログラムとして、みなとみらい線各駅を舞台にした現代アートの展示・パフォ ...

続きを見る

-芸術・音楽
-

Copyright© AO Navi , 2020 All Rights Reserved.